2010年5月17日 (月)

アカシアの季節

Dscf0121  待ちに待ったアカシアの花が咲き出してきました。近くに寄るだけで、甘ったるい香りが漂ってきます。ハチミツのなかでもアカシア蜜は特に人気があります。くせのない上品な感じがします。
私の住んでいる地域は花崗岩が多い山ろくです。このようなヤセ地の土砂の流失や、堤防の補強のために、ヤセ地でもよく育つ、豆科のアカシアが植えられたと聞いています。本当の名前はニセアカシアです。ハリエンジュとも呼ばれます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

アカシアの花

Dscf0030 ユリノキの花が咲き始めてきました。通称はチュリップツリーと呼んでいます。
花畑に咲くチュリップに花形は良く似ています。大木になり、クリスマスツリーのモミノキの感じです。この花からは良質のハチミツが大量にでるとのことで10年前くらいに植えました。
本当に大量の蜜が吹いてくれるとありがたいのですが。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

今年初のハチミツを絞りました。

Dscf0080_2 5月に入り、やっと本来の初夏の天候が戻ってきました。ミツバチも楽しそうに飛んでいる気がします。
ちょっと早かったかも知れないのですが、今年初の蜜を絞りました。桜や梨などの春の百花蜜なのですが、量もまだまだ少なく、今後に期待ですね。
そろそろアカシアの花が咲きそうになってきました。lovely

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月30日 (金)

ハイブッシュ系のブルーベリーの花が満開です。

Dscf0069ハイブッシュ系のブルーベリーの花が満開になってきました。ミツバチも盛んに蜜を吸いに来ています。
ブルーベリーの花はスズランに似てとても上品な白い花です。花の鑑賞用として鉢植えにもいいかなと思うくらいです。
ハイブッシュ系は6月中旬から収穫できるようになります。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

最悪の4月の天気でした。

今年のような雨が多く、低温の日が多い4月はあまり記憶がありません。ハチミツの注文をたくさん頂いているのですが、ほとんど蜜が貯まりません。低温で、花が咲いても蜜が吹かないのではないかと思っています。
それでも、春の花は次から次と咲いてきます。画像は「ウワミズザクラ」です。通称、「虎の尾」と呼んでいますが、桜の仲間です。山を歩くと必ずと言うほどに目に付く花です。蜜源の花ですが、今年はどうだかわかりません。bearing
Dscf0009

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

やっと継箱ができるまでになりました。

Dscf0082 今春は天候が定まらず、ミツバチの生育が遅れています。雨の日が多く、また気温が低いために、花粉や蜜が集まらず、女王蜂の産卵が少ないためです。
毎日やきもちしているのですが、お天道様にはさからえないですね。
でも、何とか給餌などの世話をしたお陰で、やっと継箱が10群程度ですが、できるようになりました。
ミツバチの数が増えてくると、ミツバチは上の箱にハチミツ貯めるようになります。上下の箱の間には、隔王板といって、女王蜂が上の箱に上がらないような網板を入れます。そうすると、女王蜂が上の箱に上がれないため産卵できず、ハチミツだけが貯まる仕組みになっています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

仙人の果物とは?

Akebi_2この画像は仙人の果物といわれるている花です。ご存知の方はおられるでしょうか?
答えは”アケビ”です。子どもの時によく近くの森に採りに行きました。実が真っ二つに割れて、中にあるの種のまわりの甘いところを食べます。
最近は野山であまり見られなくなりました。それで、数本ですが、南農園で栽培しています。ちょうど今頃に花が咲きます。大きい花が雌花で、房になっている小さい花が雄花です。
最近では健康に良いとのことで、果実の皮を油で炒めて食べます。ゴーヤに似た苦味がありますね。
仙人の果物といわれるだけに、健康食には間違いないと思います。ぜひ、秋に一度ご賞味下さい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

三寒四温の春。

今年の春の陽気は温度差が急で、果樹やミツバチにかなり影響しています。愛宕梨の花の開花は平年よりも早かったのですが、その後の寒のもどりで、後に続く品種の花は少し遅れ気味になってきました。ミツバチも活動日数が少なく、例年よりも女王蜂の産卵が少ないように感じます。

今日は数日前に比較して本当に寒かったです。冬物の防寒着をだして作業していました。今は幸水梨の摘蕾をやっています。花の開花数を減らす作業です。この作業を受粉前にしておくと、細胞分裂が早まり玉が大きくなります。

現在の幸水梨の花の画像です。

Dscf0001_2 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

春です。久しぶりです。

久しぶりの書き込みになりました。やっぱり農家は春にならないと、どうも気が入りません。やっとホームページの更新もでき、少し日記の方も書いていこうと思います。

果樹園では梨の花も咲き始めてきました。ちょうど、果樹園前の畑の菜の花が満開になってきました。菜の花はミツバチの早春の蜜源のために昨秋に播種したもので、ミツバチが大好きな花です。今年もミツバチが元気に育ち、ハチミツをたっぷりと集めてくれるといいのですが。

菜の花畑に孫が遊びに来たときの画像です。

Nanohanasyuuji

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

台風18号は無事通過しました。

報道では、伊勢湾台風と規模やコースなどが類似してるから、注意せよとのことでしたので、前日は、果樹園のネットの補強や、樹の補強、巣箱の転倒対策などを、懸命にしていました。

今朝の午前2時頃から家がきしむくらいの暴風雨になり、これは、新高梨や、愛宕梨、りんごなどが、ほとんど落下すると覚悟をきめました。ようやく風雨が収まった6時頃に、恐るおそる果樹園に見回りに出かけたのですが、若干の落下が見られる程度で、胸をなでおろしました。助かりました。

ネットも飛ばされず、何とか持ちこたえてくれました。台風は何度、経験しても本当にいやなものですね。でも、出来るだけの補強や対策をしておいたのが、結果的には良かったのかも知れません。

やっぱり、二年続けて台風が上陸しないことはなかった。まあ、今年は晩生の梨や柿・リンゴは神様に助けてもらったと思い、できるだけ、お客さんにサービスします。(*^_^*)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

本年の梨の収穫を始めました。

長い間、ご無沙汰していました。

不順な夏の天候で、今年の果物やミツバチの管理は大変です。低温や日照不足など、ここ近年ではない天候です。ここ数年の夏はあまりにも酷暑で、悩まされていたのですが、今年は全く逆ですね。

とはいっても、病気や害虫など細心の注意を払って何とか、梨の収穫までやって来られた感じです。ようやく8月に入り、少し夏らしい気候にもなってきましたので、糖度や食味に期待できそうです。

8月の6日から、筑水梨を、12日頃から幸水梨を収穫、販売しますので、本年もご愛顧をよろしくお願いします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

ひまわりが満開になりました。

Himawari 春に播種したひまわりが満開になりました。予想よりも見事に咲いて驚いています。
散歩される人も、足を止めて見入っておられることもしばしばです。
ミツバチも盛んに訪花して、夏の花の無い時期の蜜源として、ひまわりは貴重です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

一粒万倍日

農事暦には一粒万倍日が書かれています。今月は10,11,22,23日です。一粒万倍日とはその日に種をまくと、順調に育ち、実り豊かになるとされる、縁起の良い日です。

最近はあまり気にしない農家がほとんどなのですが、企業の経営者の中には、この日に貯金をしたり、逆に借金をしないという人がいます。縁起を担ぐ人は、一粒万倍日も気にかけるのも良いかもしれませんね。

先日、一粒万倍日にひまわりの種を撒きました。約、15アールにまきましたので、7月上旬には、きっと黄色一色の姿になってくれると思います。(●^o^●)

こんな感じ?【写真】

Dscf0103

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

ブルーベリーの挿し木の新芽。

3/19日に、穂木をピートモス床に挿し木をしたものですが、一ヶ月を過ぎると写真のような新芽になります。

穂木は1月の剪定時にポリ袋にいれて、冷蔵庫に保管しておきます。お彼岸頃に10センチ程度に切って挿します。そしてビニールハウス内に置き、毎日、水を切らさないようにします。

以外と簡単に冬の穂木の挿し木はできますよ。

Dscf0039

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

ミツバチ不足。

数日前の朝のNHKのニュースでも取り上げられていましたが、今春は全国的にも交配用のミツバチが不足しています。かつてない状況のようで、南農園にも数件の問合せが有りました。

ミツバチ不足の原因は確定していませんが、夏に行われる水稲の無人ヘリコプターによるネオニコチノイド系のカメムシ用殺虫剤が影響しているのではないかと多くの養蜂家はみています。

特にダントツ水溶剤の被害が多いようです。夏に大量のミツバチが死ぬと越冬するミツバチ群も減り、受粉用のミツバチが不足します。農林大臣もミツバチ不足の原因を調査するように指示があったようなので対策もしっかりしてほしいと願っています。

巣箱を内検した時に撮影した女王蜂です。働き蜂より少し大きいのでわかりりますよね。【写真】

Dscf0112

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

待望の春。

やっと4月に入り暖かくなり、桜の花も開き始めてきました。やっぱり農家は春にならないと気合が入りませんね。(*^_^*)

南農園にとって、今春は慶事がいくつかあり、今までにない春気分で喜んでいます。そんなこんなで、今年も自然に感謝しながら、梨、柿、リンゴ、ブルーベリー、そしてミツバチの飼育に気合をいれてがんばりたいなぁ、と思っています。

今年も農園の近くにアカシアの花が満開になりました。ハチミツなど蜜源として知られているアカシアは、5月に咲く白い花で、一般にはニセアカシアのことを言います。本来のアカシアは黄色の花です。近くに寄るだけで甘い香りが漂い、このアカシアの花が咲くと春が来たなと実感します。【写真】

H19aksia_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

暑いです!

ここ10日ほどは酷暑です。昨年も暑かったのですが、それは8月に入ってからの暑さでしたので、今年の暑さのスタートが早いだけに、だいぶバテ気味になってきました。

梨の販売を8月8日からと思っているのですが、それからが南農園の本番になるので、この暑さに負けないようにしなけばと思っています。

梨もりんごも暑さに負けず、大きくなってくれています。毎晩の灌水で大変ですけど、「日照りに不作無し」と言われるように甘くてみずみずしい果物が収穫できればいいですね。

Dscf0072 収穫前の幸水梨です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

富有柿の花が満開。

富有柿の花が満開になってきました。例年よりも5日ほど早いです。果物は花のめしべがおしべの花粉を受粉してはじめて実がなります。富有柿の花は99%が雌(め)花。おしべがない花ばかりです。Dscf0028

そこで、雄花がたくさん咲く柿の木を園内に植えて、ミツバチが雄花と雌花を行き交うことにより、受粉して実がつくようになります。雄花の咲く木を交配樹ともいいます。柿の花は蜜も多くでますので、ミツバチが盛んに訪花し受粉作業をしてくれます。と、同時にハチミツも集蜜できますので、本当にミツバチには感謝です。上の画像は富有柿の花です。下の画像は雄花の咲く柿の木です。

Dscf0030

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

ミツバチの分蜂

天気がよく、風のない日の午前中にミツバチの分蜂(ぶんぽう)があります。分蜂は巣箱のなかにいる働蜂、雄蜂の約半数と女王蜂が巣分かれを行う現象です。5月入れば女王蜂は王台(おうだい)といって次の代の女王蜂を作る準備を始めます。そして王台から新女王が生まれる前に、働蜂を伴って旧女王が出ていくことになります。

巣箱周辺を飛び回って近くの木などに固まりますので、これを捕獲して新たな巣箱に入れて新群をつくります。そのまま放っておくと、ほぼ3時間後には自分たちで新たな巣を見つけて飛び立っていきます。信号機などに固まることがニュースになることがありますね。

Dscf0023

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

ハチミツを採蜜しました。

いよいよハチミツを絞る時期になりました。この採蜜作業がはじまると、本当に自然の恵みを感じます。ミツバチが少しずつ集めてきた蜜を分けてもらうのですが、野山に花が咲く自然があってこその産物です。

農業を糧として仕事をしている身として、ミツバチに感謝する共に、自然が残る南農園近辺の里山も大事にしていきたいと思います。

ハチミツの販売を始めました。どうぞご賞味下さい。

Dscf0082

| コメント (0) | トラックバック (0)

ウワミズザクラ

もうじき花は終わるのですが、四月下旬から五月上旬はウワミズザクラの満開の季節です。”とらの尻尾”と呼んだりもしているのですが、山を歩くと必ずといっていいほどにどこかで咲いています。

さくらの仲間なのですが、あんまり似ていない花ですね。この花は蜜源でして、ミツバチが盛んに訪花します。

Dscf0008

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

梨の花の満開。

今日はいい天気。ちょうど梨の花の満開時期で絶好の交配日となりました。交配は受粉ともいいますが、実の成る植物は必ず交配をしなければ実がなりません。

受粉では人工と自然との二手の方法があります。南農園では受粉作業はすべてミツバチまかせの自然交配です。ミツバチを飼っている訳には交配をやってもらうためでもあります。今日は天気もよくミツバチが梨園を飛び回っていました。梨が終われば、りんご、ブルーベリー、柿とミツバチには次の受粉作業が待っています。

Dscf0022

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

レンゲ畑に巣箱を移動しました。

今年もレンゲの咲く季節となりました。レンゲの花はミツバチが大好きです。最近は転作政策の影響で、レンゲ畑も少なくなってきましたが、幸い近くの地区の知人のレンゲ畑にお世話になっています。天気が良いとミツバチのブーンという羽音が聞こえてきます。

レンゲの花は一ヶ月程度は咲き続けますので、レンゲ蜜の貯蜜を点検しながら、ハチミツを絞ります。なんともいえないレンゲ蜜の特有の匂いと甘さは格別に思います。今年もレンゲ蜜がたくさん絞れるといいのですが。(●^o^●)

Dscf0033

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

寒波襲来です。

今季一番の寒気が下りてきてます。今日は雪が降ったりやんだりで寒い一日でした。これが本来の冬なのかと納得しているのですが、ハウス栽培でボイラーを炊いている農家は大変だなあと思っています。

先日、バラ農家さんのハウス内を見せてもらったのですが、燃料代の高騰対策として、ボイラーからエアコンに替えられたのですが、そのエアコンがまた高価で一台が百万するそうでびっくりしました。電気代も四月から値上がるみたいで、どっちにしても早く春が来てもらわないと、悲鳴が聞こえそうです。

そのてん、果樹農家は心配いらないのですが、むしろ寒い冬の方が、その年の病害虫の発生が経験的に少ないので、暖冬はあまり歓迎ではないのですが、でもこう雪が続くのも困りものです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

今日も雪。

一月下旬からしばらく、雨や雪の日が続いています。今日も朝から雪が降っていました。果樹園では、堆肥や肥料の散布が控えているのですが、こんな天気が続いていてなかなか出来ません。

今日は節分。明日は立春と季節の変わり目なので、なんとかいい天気が続いてほしいと願っています。私にとって、春は一番好きな季節でして、早くミツバチが飛び回ってほしいですね。

農家にとって、立春は農作業の節目。また今年の作業日記を書き始めようと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

謹賀新年

謹賀新年。

年末、新年と猛スピードで過ぎて行く感じですね。昨日は高校時代のクラブ仲間と恒例の新年会でした。毎年、正月に集まっているのですが、気心の知れたメンバーで、思う存分飲んで喋って楽しい時間を持つことができました。定年までカウントダウンの年齢になったのですが、みんな元気で自分も農園の仕事にがんばろうと元気をもらいました。ちなみに高校時代のクラブは柔道部です。

今年もどうぞよろしくお願いします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

柿の販売が終了しました。

柿の販売が終了しました。今年は予想よりも早く終わってしまい、後半に柿を買いに来られたお客様にはご迷惑をかけしました。柿の収量は平年並みだったのですが、どうも全国的に富有柿が不作だったようで、その関係かなと思っています。

11月下旬からは愛宕梨を販売します。愛宕梨もたくさんの注文をもらっていまして、本当にありがたいことです。

果樹園は落葉が始まり、これから落ち葉掻きや、溝堀、剪定と冬の農作業に移ります。

Dscf0014

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

やっと更新できるようになりました。

幸水梨、豊水梨と目の回るような忙しさから解放され、やっとホームページを更新する気分になってきました。特に今夏の暑さは尋常ではなく、過去に経験にない暑さでした。さすがに体の方も疲労が溜まった感じになり、豊水梨が終了してから少し休養させてもらいました。でも、10月に入りやっと秋らしくなりすごしやすくなって、ようやく体の方も戻ったような気がしています。

10月からは新高梨、富有柿の収穫が待っています。またエンジンを吹かしてがんばりたいと思っています。この時期ヒマワリが満開でこの花を見ていると、力強さと秋を感じます。

Dscf0103

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

幸水梨が最盛期に。

南農園の主力品種の幸水梨がいよいよ最盛期に突入してきました。早朝の5時頃からの収穫。そして選果、販売と一日があっというまに過ぎていきます。しかも、最近の暑さで体も疲労気味。夜は宅配伝票の作成や、梨園の灌水もあって、何とかもう少し涼しくなってもらいたいですね。

昨日は夕立もあって少しは涼しくなったのですが、今日はまた逆戻りの暑さでした。スタミナドリンクを飲んで、何とか幸水梨の最盛期をやり過ごしたいと思っています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

暑い。灌水を始めました。

Dscf0064_2 暑いです。野洲市も昨日、今日と猛暑日です。午後から屋外で仕事をしたのですが、日差しが肌に突き刺さる感じで、強烈な暑さでした。果樹園もこの暑さ対策に昨日から灌水を始めました。灌水は午後6時頃から、10時頃まで夜間に行います。朝は5時起きですので、早く寝たいので、灌水作業もつらいものがあります。できるだけ自動にしてあるのですが、やはりスプリンクラーが詰まっていないか、ポンプの様子も心配なので、点検に行く必要があります。8月中は灌水に追われそうで、どうも体力勝負といった感じです。

写真は灌水用のスプリンクラーです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

«梨の販売を始めました。